2014年11月アーカイブ

4日間にわたって熱戦が繰り広げられるナショナルには
コンフォメーションだけでも270頭のスプリンガーが出場します。

毎朝、アメリカ合衆国国歌が流れると、全員が仕事の手を止め、
米国星条旗に向かって起立する所から、一日が始まります。

リングがあるピュリナイベントセンター内は天井も高く、
アジリティー、オビディエンス、コンフォメーションの3リングを設置しても
その周りに、ペットグッズショップなどの店舗、観客席が設けられる
十分な広さがあります。

704.JPGのサムネール画像
(コンフォメーションのリングサイドからの全景)

今日はオスの審査日、翌日はメスの審査日というように
各日でノンタイトル犬の一席(オスとメス)が選出され、
ベストオブブリードへ進みます。

審査の手順は審査員によって多少異なりますが、
今回のコンフォメーションの審査員である Stephen Daimard氏 は
各クラス、始めに全頭一列に並ばせ、
全頭一緒にラウンド(リング内を1周する事)、その後
一頭づつの触診、アップダウン(直線で行って戻ってくる事)、ラウンド、
再度全頭を一列に並ばせ、全頭でラウンド
というほぼ一般的な審査方法で連日審査を進めていました。

102.JPGのサムネール画像
(パピー6-9カ月メスクラスが一列に並んだところ)

ノンタイトル犬のオス、メスの1席が選出された後、
最終日がナショナルの最高峰
優勝=ベストオブブリードを決める
ベストオブブリード戦になります。

チャンピオンタイトルのある犬は直接ベストオブブリードへの
参加となります。

今年のベストオブブリードには
47頭のオスのチャンピオン犬
27頭のメスのチャンピオン犬が
参加しました。

最終日、まずは全チャンピオン犬が一つのリング内に集合します。

zz.jpgのサムネール画像

毎年この光景を目にすると、いよいよ最終日の始まりだという
緊張感に包まれます。

ショードッグとしては当然の事であると分かってはいても、
70頭近くのスプリンガーが近距離に混み合っている状況下で、
唸り声、吠え声ひとつ聞こえない事に驚きを感じてしまいます。

日本では決して見る事が出来ない頭数のスプリンガーが
一同に会する姿を見るだけでも、感動です。

つづく

犬ブログランキングへ

(注意)写真の無断転写・掲載は固くお断り致します







アンケート結果

| コメント(0)
日に日に寒さが増してまいりましたが、皆様お元気にお過ごしでしょうか?

先月(2014年10月)に実施しましたアンケートの結果を会員ページへ掲載致しました。

会員の皆様にはご協力頂き、誠に有難うございました。
今後の活動計画を立てる上で大変役立つ、貴重なご意見をたくさん頂きました。
全てのご要望にお応えする事は難しいと思いますが、
会員の皆様のご意向に沿った運営を今後も心掛けて行きたいと思います。

アンケート結果は以下の手順でご覧頂けます。

www.esscj.jpでESSCJのHPへはいる

左上項目の「会員ページ」をクリック

ユーザー名
パスワードを入力

「お知らせ」を選ぶ

「アンケート結果」を選択

2014年度会員の皆様には既にメールにて新規パスワードをお伝えしております。
パスワードが不明な方は、 info@esscj.jp へメールにてお問い合わせください。

ESSCJ役員会

ブログ村ランキングへ



ナショナルが開催されたピュリナファームは、セントルイス空港から車で30分ほど南下した所にあります。
ここはプロプランの商品名で有名なドッグフードメーカーのピュリナが運営しています。

5年前にこの同じ地で開催されたナショナルは、アウトドアでしたが、
2010年に建てられたピュリナイベントセンターのお蔭で
数年前からは天候を気にしなくて良いインドアでの開催となりました。

この会場はドッグショーに適した会場として、様々な犬種のナショナルが開催され、
ほぼ毎週末、何かしらのイベントが開催されています。

1240.JPG
(広大な敷地の中にはドッグランなどもあります)

1242.JPG
(この建物の中でナショナルが開催されました)

1238.JPG
(建物の入り口にあるプードル型の植木)


1243.JPG
(犬の糞お断りの可愛い看板)

ナショナルの参加者は全米各地から集まります。
数頭を連れて飛行機で来る人も居ますが、ほとんどは何時間、何日もかけて
車で来ます。
数十頭連れてくるプロハンドラーの人は、大型RV車でやってきます。

1250.JPG

ショー会場であるイベントセンターの建物の中には、リングが設置されるホールから
セミナーなどが出来る部屋、ドッグバスエリア、グルーミングエリアが完備されています。

グルーミングエリアでは出番前のスプリンガーが、トリミングテーブルに1頭づつ立って
コート(毛)の手入れなど、出番前の準備を行います。

032.JPG
(出番前のパピー達)

プログラムにある審査スケジュールに従い、審査開始時間前に
このグルーミングルームからリングサイドへ移動します。

グルーミングルームにはトリミングテーブルの上に何十頭ものスプリンガーがおり、
又、トリミングテーブルの脇にはいくつものバリケンが置かれ、その中には
出番待ちのスプリンガーが何十頭も居ます。

一番最初にナショナルへ行った時、何よりも驚いたのはグルーミングルームの
静けさでした。
日本のドッグショーで経験していた騒々しさが全く無く、聞こえるのはドライヤーの音
のみ。大声で話そうものなら、グルーミングルームの隅まで聞こえてしまいそうな
くらい静かで、スプリンガーの吠え声が全く無いのです。
驚いた私はブリーダーの方に「なぜこんなに皆大人しいのですか?」
と質問した事があります。
「以前は吠える犬も多く、うるさかった事もあるけれど、スプリンガーの性格は
ブリーディングにおいて最重要視すべき事だと皆が気付き、努力した結果、今のように
静かになったのよ。」
と教えられました。

つづく

*一部掲載した写真には2013年に撮影したものも含まれています

犬ブログランキングへ

(注意)写真の無断転写・掲載は固くお断り致します





米国ESSナショナル参戦記(1)

| コメント(0)
毎年秋にESSの全米大会(以下「ナショナル」)が開催されています。
今年は11月5日(水)から8日(土)にかけてミズーリ州セントルイスのピュリナファームで
スウィープステークス、スペシャリティショー(コンフォメーション)、オビィディエンス、ラリー
の熱戦が繰り広げられました。

709.JPG
(入賞者に授与されるカップとロゼット)

2009年よりほぼ毎年観戦に行き、
日本に数少ないスプリンガーの情報が豊富にあり、
現地のブリーダーやハンドラーの方達とお話することによって
生の声を聞く事、一度に多くの頭数のスプリンガーを見る事
が目的でナショナルへ通うようになりました。
自分の所有犬が出場するのは今回が2回目となります。

ここでは特に日本でも毎週末開催されているドッグショー(全犬種)の
スペシャリティーショー(1犬種のコンフォメーション)についてお話します。

140.JPG


総勢250頭のスプリンガーが頂点となるベストオブブリード(BOB)を目指します。

クラス分けは

パピー(6-9カ月)
パピー(9-12ヶ月)
12-18ヵ月
アマチュアオーナーハンドラー
ブレッドバイエグジビター
アメリカンブレッド
オープン 
(上記クラスは全てチャンピオンタイトルが無い犬のクラス分けです)
シューティング
ベテラン(7-9歳)
ベテラン(9-11歳)
ベテラン(11-13歳)
ベテラン(13歳以上)
チャンピオン

のオスメスがそれぞれ審査されます。

リングと言われる囲われた中で、腕にゼッケン番号を付けたハンドラーが
審査員に、自分のスプリンガーをより良く見せようとします。

045.JPG
(パピーメス6-9カ月クラス)


審査は触診、歩様、立姿によって行われ、
審査員は一頭ずつ体を触って、骨格構成、コート(毛)や筋肉の状態、歯などを確認し、
アップダウンやラウンドなど実際に走らせて四肢の運び、体の動きを見て行きます。

514.JPG
(チャンピオンオスクラス 審査員による触診)

各クラスの中で優秀な犬に1席から4席までが授与され、各クラスの1席犬は
次の審査(パピークラスやオープンクラスはウィナーズ戦)へ進む事が出来ます。

まだ6ヵ月の可愛いパピー達から、今年は15歳の最高齢犬が出場しました。
15歳のスプリンガーのショーイングにはリングサイドから暖かい歓声と拍手があがりました。


213.JPG
(ベテランメス13歳以上クラス、15歳メスのスプリンガー)

つづく

(ESSCJ 野辺地由香 記)

ブログ村ランキングへ










2014年、新しい形の犬種図鑑 『dogplus.me』 の紹介ページを当クラブHPに追加致しました
 
※会員ページではありませんのでどなたでもご覧いただけます。


小林伸行カメラマン、白石花絵ライター、アルシャー京子ライターが手掛けられ
犬種図鑑のお写真にはESSCJ員のワンちゃんが登場しています。


小林伸行カメラマンHP       http://zenne-inc.com/
白石花絵ライターBLOG     http://budbud.blog70.fc2.com/
アルシャー京子ライターBLOG  http://www.dogactually.net/blog/author/author29aa7/


今犬を飼っている方、そしてこれから飼おうとしている方に役立つ情報が満載です。
是非活用されることをお薦め致します。



11月に入り、朝晩冷え込むようになって来ました。
日中との寒暖差が激しく、お風邪など召されませんように
ワンちゃん、オーナーの皆様ともども気を付けて、元気に過ごして行きましょう!

スプだより11月を掲載しました。
5頭のワンちゃんのご紹介になります。

スプだより、は会員の方にご覧頂けます。
是非ご覧ください。

www.esscj.jpでESSCJのHPへはいる

左上項目の「会員ページ」をクリック

ユーザー名
パスワードを入力

左上一覧より「スプだより」を選択

2014年度会員の皆様には既にメールにて新規パスワードをお伝えしております。
パスワードが不明な方は、 info@esscj.jp へメールにてお問い合わせください。

次回は12月生まれのワンちゃんのご紹介になります。
該当の会員の皆様へは11月上旬に、原稿依頼のメールが届きますので、
ご協力を宜しくお願い致します。

ブログ村ランキングへ

このアーカイブについて

このページには、2014年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年10月です。

次のアーカイブは2014年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。